ウォーターサーバーを選ぶポイント

天然水成分にこだわりアリ!

一言で“お水”と言っても様々な種類があり迷ってしまう方も多いと思います。ウォーターサーバーでは、家庭の水道からは得ることのできない成分を含んだお水を飲むことができます。たとえば、バナジウムを含んだ軟水の天然水は、和食によく合います。日本は昔から軟水の水を料理に使用してきたこともあり、和食の旨味成分をより引き出すことに期待できます。また、バナジウムは血糖値を下げる効果があり、血糖値を気にする方にはこちらがお勧めできます。一方、硬水のウォーターサーバーでは、マグネシウムやカルシウムの含有量が多いことで、ミネラルの補給に適しています。さらに、アクを出しやすくするという効果も期待でき、肉を使用したアクの強い料理に向いています。
食生活や自分の健康状態によって、ウォーターサーバーを選ぶポイントが変わってくるでしょう。

デザイン性にも注目!

白物家電、という言葉があるように、家電は白い塗装で生活空間に馴染まないと感じる人もいると思います。ウォーターサーバーはその点、お洒落な見た目のものが多く、色のバリエーションも豊かです。コンパクトで爽やかなホワイトカラーのウォーターサーバーでは、キッチンだけではなくリビングや寝室、オフィスに設置しても違和感なく溶け込めます。また、丸い筒状で水色やピンクなどのウォーターサーバーは女性やお子様も馴染みやすく、インテリアの幅を広げてくれます。
ボトルを設置する場所が上か下かによって外観も変化しますし、水が見える場所かそうでないか、によっては水自体をインテリアにすることもできます。置き型だけではなく卓上のものもありますので、家具の上など部屋の空いた空間を埋める役割も果たしてくれます。